Author: addminz | Date: 2015年5月31日 | Please Comment!

最近のネット通販では、サイズの取り揃えも豊富でオシャレなものがたくさんあります。

大柄な方はできるだけ小柄に見せたいという思いがあると思います。

そこでできるだけ小柄に見せる着こなし方のポイントをお話しましょう。

大きいサイズでも最近は柄もおデザインもいろいろあります。

上手に色や柄を使う事で小柄に見せることができるのです。

まず大きいサイズで避けたい柄としてはボーダーです。

ボーダーはどうしても横に大きく見えてしまいます。

もしボーダーが好きで着たいのであれば太めのボーダーで暗めのラインの物を選びましょう。

ですが、本当のおすすめはストライプです。

ストライプは縦に細く見せてくれますので、着やせ効果があります。

また縞模様で一番着やせ効果が期待できるのが斜めのストライプです。

オシャレ度も上がりますしおすすめです。

またドットなどの丸い柄は膨張して見えます。

もし着るのであれば柄自体が小さ目の柄を選ぶようにしましょう。

そしてこれもまた柄の色は暗めの物がいいです。

くれます。

大きな柄は広がって見えてしまいます。

色は暗めのものがいいです。

全体の色として基本的に、明るい色より暗い色の方が着やせ効果はあります。

今はネット通販だけに限らず、大きいサイズの服の取り扱いも増えてきましたし、おしゃれなものも多くなってきています。

特に「マシュマロ女子」

などと言う言葉があるように、レディースに限らずメンズでも大きいサイズはより豊富になり色やデザインも選べるようになってきました。

メンズ・レディース問わず体が大きくてもおしゃれができるようになってきています。

その中でも大きさを強調しないデザイン、着やせ効果がある色や柄や着こなしを考えられており、そういった観点から選べるという大きいサイズ専門店もたくさんあります。

その中でも着やせ効果があるスタイルとして重ね着があります。

例えば、ストライプのシャツにVネックのニットを併せると爽やかで縦長な印象があり着やせ効果があると言えます。

また同じボトムスでも、あまり細身の物でなく程よく幅があるものの方がかえってスマートに見えますし、身動きも楽です。

あとはサイズや体型に関係なく、常に清潔感と新品感を出すのが基本と言えます。

汚れていたりシワシワだったりするといくら着こなしがおしゃれでもいいものを身に着けていてもそうは見えず印象も悪くなってしまいます。